yshkn’s blog

島根に長期出張中の文系卒ITエンジニアの日常

勉強の哲学 来るべきバカのために を読んだ

10点中10点 

勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために

 

初の10点満点が出てしまった。
当分出すつもりはなかったのに。
それほど面白く、自分の興味関心にも合致した内容だった。
というか自分が長い間あれこれと考えていたことをよりメタの視点で簡潔に言語化されており、「やられた」という思いが強い。

 

 以下の文章は「勉強の哲学」の解説を主目的としているが、僕自身の考えが多分に含まれており、その境界が見えづらくなってしまっている。

引用を明示している部分以外は本書と多分にずれがあるかもしれないことを断っておきます。

本書の解説として明らかに誤っている部分があればぜひご指摘ください。

続きを読む

STEINS;GATEはなぜ面白いのか

今更ながらシュタゲのアニメを見た。
感想に需要はないと思うが、自分の趣味・趣向を言語化し深化することは自身にとって重要な事だと思うので書く。
ちなみに原作のゲームはやっておらず、その他の派生したコンテンツも殆ど見ていない。
他の人の感想もrebuildfmで取り上げられたのを聴いたぐらいだ。

 

 

非常に面白かった。
何が面白く感じさせるのか、それはキャラの魅力である。
当たり前すぎる主張だが、シュタゲは話の展開や緻密さに目が行きがちなのでキャラの描き方の上手さを見逃してしまうかもしれない。
しかし僕が一番良いと思ったのはそこだ。
ここでどのキャラのどのシーンが好きと挙げていくのもいいが、このアニメ全体の話がしたい。
(ちなみに好きなのはオーソドックスにクリスと凶真だ。)

 

確かにこのアニメはストーリーの展開がすごく、かなり練られている。
おそらくSERNに関する設定などもかなり練ってあると思う。
しかし中盤以降から確からしいまとまった情報はほとんど出てこない。
結局なんだったんだ感があるが、ストーリーを素早く展開させるために不要な情報は徹底的に出さないようにしてるのだと思う。
また、キャラが良いというと衝撃的な過去を抱えていることが判明するといったことを想像するが主要メンバーの過去についても必要最小限の情報しか出てこない。
感動的な回想シーンが少ない。
そのおかげでストーリーの展開がより速くなっている。
そうした素早いストーリー展開の随所にキャラの魅力の片鱗を忍ばせている。
わざとらしい感動のシーンが少なく、ストーリーが気になって視聴をすすめる中でどんどんとキャラの魅力が浮かび上がってくる作りになっている。
この作品はキャラの良さを見せるために設定を練りストーリーを作ったように僕には感じられる。
もちろんこのようなキャラの描き方はシュタゲだけがやっているわけではない。
ただここまでキャラを魅力的に描き、ストーリー自体も面白い作品は初めて出会った。

オーディオコンテンツのすすめ(Podcast,webラジオ等)

僕はここ数年オーディオコンテンツを聴き漁っていてメディア自体も気に入っていて、色々と素敵なコンテンツも発掘しているのでここで共有したい。

オーディオコンテンツのメリット
ながら聴きができる
これに尽きる。

歩きながらでも、運転しながらでも、掃除や料理や洗濯しながらでも聴ける。
他にこれほど並列で消費できるコンテンツってないと思う。
あんまり時間効率とか無駄な時間をとにかく減らすみたいなことを自分に課したくない性分だが、これは気軽にできて効果も感じている。

あとのメリットは話半分で読んでもらいたいが、
オーディオコンテンツを聴くと想像力が鍛えられるという話もある。

聴くだけで頭がよくなる?ラジオが私たちに与えるメリット☆ | 4MEEE

脳を鍛えたければ「ラジオ」を聞け! | 話題の著者 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


さらに眉唾なのが速聴で頭が良くなるという話だ。

速聴の効果について | 脳を鍛える!ポータルサイト│音読・速聴・速読・脳トレ・脳サプリ

頭が良くなる&頭の回転が早くなる「速聴」の始め方と効果まとめ


特に信じていないが、デメリットも特にないので信じて突き進んでもいいのかもしれない。
 

ここからは個人的にヒットしたコンテンツをおすすめしていきたい。

ただ自分が好きで聴いているのを挙げているだけなのでほとんど自己満だが、刺さる人はいるかも。


まずはITエンジニアリング関連

rebuild.fm

日本のTech系のPodcastで最も人気のあるものの一つがRebuildだ。
サンフランシスコ在住の@miyagawaさんがホストとして主に日米のエンジニアをゲストに主に日本語でトークするPodcast
結構ゲストやその時々ごとに内容はまちまちでかなり専門的な話だったり、アメリカと日本の生活の違いやアニメ、ゲーム、SFなどのわりとゆるめの話まで様々である。
 
アメリカ西海岸の話、Apple製品の話が聞きたければ@Nさんや@Naanさんゲスト回がおすすめ。

CPUやGPUなどのチップの話やゲームエンジニアの話、そばの話等聞きたければ@hakさんゲスト回。

日本のWEBやIT全般の潮流やマネジメント、ゲーム、アニメの話が聞きたければ@naoya_itoさんゲスト回。

ほかにも名のあるエンジニアが多数ゲストで登場している。
日本のエンジニアリングPodcastの火付け役。
エンジニアリングの硬めの話をするエピソードとゆるい話をするAfterShowの2本を毎週配信するのが基本フォーマットだが、最近崩れつつある。

mozaic.fm

ホストの@Jxck_さんがWEBフロントエンドについてゲストを呼んでトークするPodcast
こちらは一つの技術テーマに対してかっちりと掘り下げていく。
テーマがそのままタイトルになっているので興味のあるテーマを聞いてみると良い。
僕はWEBフロントエンドは全くの門外漢でわからないことが多いが、どういうことが今話題になっているか知れて面白い。
数ヶ月に一度配信。

yatteiki.fm

5人くらいのエンジニアが中心となって大体2,3人でトークしてるPodcast
結構ゆるい。
itopoidさんのトークが面白くてハマった。
数ヶ月前に始まったが更新頻度が高めでうれしい。
 

backspace.fm

ガジェット紹介がメインコンテンツのPodcast
かなり鮮度高く多数のガジェットを試して紹介している。
いろいろ買いたくなる。
メイン以外の多角化も進めていて更新頻度が高い。
 

声優・アーティスト

杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン - Wikipedia

声優杉田智和さんがゲームライターのマフィア梶田さんとやっているWEBラジオ。
コープスパーティー等のゲームクリエイター祁答院さんや仲のいいアニメーターさんもよく出演している。
ほぼ毎週声優がゲストに来てコーナーやら創作(ネタ)ドラマを一緒にやっている。
かなり自由で下ネタ度高め。
ゲームやアニメのコアなネタも頻繁に用いられる。
昔は仲のいい人気声優もちょくちょく来ていたが最近はほとんど新人となっているのが少し残念。

スターラジオーシャン・アナムネシス
声優中村悠一さんがマフィア梶田さんとやっているWEBラジオ。
スマホアプリのスターオーシャンアナムネシスの公式ラジオ。
僕は一度アプリをやってわりと面白かったが今はやっていないが、とにかく二人のトークが面白いので聴いてる。
二人体制になってからゲストを呼ばなくなったのが残念。

能登麻美子 おはなしNOTE

声優能登麻美子さんがやっているWEBラジオ。
とにかく能登さんの声が最高。
始まりから何かがこみ上げてくる。
前半がお話の朗読。
能登さんの声で名作文学が聴けて最高すぎる。
最高すぎて語彙がやばくなってくる。
後半はメールの紹介。
 
チリヌルヲワカ ユウのbe side your life
チリヌルヲワカのユウさんがやっているWEBラジオ。
念のため書いておくとユウさんは元GO!GO!7188のギターボーカル。
作家さんと二人でやっている。
とにかくゆるい。
合間にチリヌルヲワカの曲が流れるが、かっこいい曲だとギャップがすごい。
 

その他Podcast

きくドラ | ~ラジオドラマで聴く名作文学~

名作文学が聴けるPodcast
朗読ではなく、ドラマになっている。
具体的な違いは、アクションごとに効果音が入ったり、役ごとに声優が違うところ。
更新頻度も高く良い。

岡田斗司夫のPodcast

岡田斗司夫のニコ生をPodcastで配信してるもの。

画面がある前提のニコ生の音だけ切り取ったものなので一部わかりづらいが基本喋りなのであまり問題ない。
胡散臭い話もあるが、話は上手いし話題も多様なので結構面白い。

Freakonomics - The hidden side of everything Freakonomics | The hidden side of everything

ヤバイ経済学のスティーヴン・J・ダブナーがホストでやっている英語のPodcast
色々と学術的に面白い話をやっている。
眉唾なものも多い気がする。
興味があるのと英語の勉強がてら聴いているがリスニング力が皆無なので雰囲気しかわからん。
 

オーディオブック
FeBe等いろいろとサービスがあるが、僕はAudibleのみ使用している。
Audibleは月額1500円聴き放題なのでたくさん聴きたい人には優しい。
ただ、ちゃんとしたコンテンツの種類は少ないのでそこがネック。
アプリが3倍速まで細かく速度を変更できるのは素晴らしい。

聴いたもの・聴いてるもの
人工知能は人間を超えるか | 松尾 豊
 これが聴けるのはすばらしい。
 
・本の使い方 | 出口 治明
 普通。

夜は短し歩けよ乙女 | 森見登美彦
 読んだことあるが聴くと違った良さがある。

池上彰のニュース解説本とか名作文学とかまだそれなりに聴きたいものはある感じ。
 

思考の起爆剤としてのアイデア大全/パッと見で響かない人ほど読むべき理由

かなり放置してしまった。

 

10点中9点。 

 9冊目。

このブログでも何度か言及した読書猿から書き下ろしの本が出版された。それが本書だ。

 

readingmonkey.blog45.fc2.com

上記記事が元ネタとなっているが、ブログの方は数撃ちゃ何か引っかる、引っかかったらそれをヒントとして、深めるところは自分で調べてくれという感じを受ける。
別に悪い意味ではなく「数撃ちゃ当たる」はものすごく効果的な手法だし、ブログでこれ以上詳細に書くととても読み切れるものではなくなってしまう。
それに対し、本書はまさにアイデア発想法の百科事典。それも実際に活かせるように工夫された百科事典になっている。
ブログからもう少し絞った42の手法を大きく2つに、「0から1へ」と「1から複数へ」に分類し、さらにもう少し細かく11の章へと分類している。
そして各手法について、名称、難易度、開発者、参考文献、用途と用例、レシピ(手順)、サンプル、レビューという構成で3ページから10ページくらいで記述されている。
サンプルには複数の具体例があることも多く、レビューで手法が生まれた背景や他の手法との関連も解説されている。

 

感想
この本は企画職やクリエイター等アイデアを常に求めている人には勿論、ためになると思う。
しかし、本記事のタイトルにも書いたようにそういうのとはあまり関係のない人こそ読むべき本だと感じた。
なんだかんだで企画職やクリエイターの人は本書の手法に似た手法の一つや二つはやっていると思う。もちろんすべての手法を知っていてここまで整理できている人は皆無なはずなので、本書はめちゃくちゃ役に立つと思う。
しかし僕はそういうわけではない。

企画職等でもないし、何かアイデアを絞り出したいみたいな意識はほとんど無かったた。
正直元になったブログも敬愛する読書猿の中であまり印象に残っている記事ではなく、本書を出すと知ったときも、本を出すのはうれしいが、別のテーマが良かったと思った。

ところが、ある程度読み進めていくとまず感じるのは、手法の開発者たちはここまでしてアイデアを考えているのか、という熱量だ。どの手法も徹底的に思考する中で生まれている。そういう話が次から次へと出てくるので自分がその立場だったらどう考えるだろうとついつい思考してしまう。そしてそれに引きずられて自分が普段なんとなく気になっていることについても思考が巡っていく。


さらに、紹介されている手法が確かに面白く、レシピ(手順)が簡潔に書かれているので読みながらなんとなくやってみて、また思考させられる。
このようにして僕は読むだけで半強制的に色々と考えさせられた

 

勿論読んだあと、特に気に入った手法を日々実践するというのが実生活で一番効果が出るだろう。

ただ、読むだけで色々と考えさせてくれる本書を定期的に読み返すだけでも十分に効果があるのではと感じた。

 

僕と同じように、イデア本を読んでまでアイデアをひねり出すことに関心がない人や、実際パラパラと読んでみてあまり自分には必要ないなと感じた人にこそ読んでほしい

普段そこまで突き詰めて思考していない人のほうが、本書でむりやり思考させられると得られる気づきがあるはずだからだ。

 


本書は読書猿ファン待望の活字本ということと内容の良さで相当売れ筋がいいようで、早くも2冊目の話が見えてきている感じがする。


この記事の途中でも書かれているが、本書は絶対に求めている人がいるのになんでこういう本がほとんどないんだという思いから書かれている。
とてもいいことだと思う。
ただ、読書猿ファンとしてやはり一番読みたいのは、「知的トレーニングの技術(読書猿ver)」だ。
タイトルはさておき、類書にも良書が五万とあるが、それでもくるぶしさんが書く直球ストレートな学習本をいつか読めることを期待する。

 

読書は何冊かしているのだが、忙しいこともあってブログに書けていない。
読んだ本を思い出すための備忘録なので読んだらすぐ書きたいのだが、とにかく筆が進まず時間と気合が必要になっている。
何とか自分の中のハードルを下げる手立てを見つけたい。

本当は読んだ順に書いていきたのだが、この本だけは早いうちに書いておきたいということで書いた。

 

採点についてはリンクの記事に書いてあります。

知的トレーニングの技術を読んだ

10点中6点

知的トレーニングの技術〔完全独習版〕 (ちくま学芸文庫)

知的トレーニングの技術〔完全独習版〕 (ちくま学芸文庫)

 

8冊目。 

去年の最後の記事で予告した本書を読み終えた。

普段文庫は軽い小説ぐらいしか読まないから結構疲れた。

読書猿はこの一冊から始まったで「ほとんどそのまま記事にしたことも多い」とまで書かれてあるからには絶対に読みたいと思っていた本だ。

 

読書猿のすべての記事に目を通せてるわけではないので確かなことは言えないが、正直そこまでそっくりな箇所は目につかなかった。

おそらくくるぶしさんの思考の根幹となっているので色んな記事がそこから生まれたという感覚があるのだろう。

 

僕はそこまでのものは思いつかないが、石原千秋永井均の影響は大きい気がする。

 

内容はかなり時代を感じた。それもそのはず初めに書かれたのは1979年だそうだ。四捨五入すると40年前だ!

 

今となってはなくてはならないPC、スマホの活用法なんて当然なく、科学的根拠が疑わしい話もある。読んでそのまますぐ活かせることは少ないだろう。

だが、読む価値が無いかといったらそんなことはない。

漱石、鴎外、芥川、ニーチェレヴィ=ストロースマルクス等々数え切れない知識人を自由自在に引用し、知的トレーニングのあり方について考察する。著者の知識の広さと深さをどのように身に着けてきたか、それを惜しげなく教えてくれる。そんな一冊だ。

それ自体がさまざまな知識人の入門としても機能する。

僕は外国語学習と記憶術の2つの章で取り上げられていた、南方熊楠に非常に興味が湧いた。今までも何度か名前は聞いたり読んだりしていたのだが、今回改めて奇才として取り上げられているのを読んで、もっと知りたくなった。

このように本書を読み終えても、数々の引用から興味の惹かれた学問や知識人へどんどん潜っていける。数多く取り上げられているからこそ多くの人に何かしら引っかかるところがあるのだと思う。

 

とはいえ先程も書いたがやはり古さは否めない。エコロジーについて観念的な話を長々と書かれていたりとピンとこないところは多数ある。今回(2015年)の文庫にあたってコラムを増補とあるが、1ページのコラムが5つ追加されているのとあとがきのみなのでほとんどアップデートはない。完全改訂版が待たれる。それこそ読書猿が本を出版するようだが、次作はこれだったりしたら飛び上がって喜ぶのだが。

近年本書のような本は殆どない気がする。ビジネス系の頭の鍛え方みたいな本はそれこそ五万とでてるし、脳科学認知科学など科学よりの本も結構あるとは思うのだが、文学や社会学に詳しい人の引用満載の「知的トレーニング」みたいな直球の本は記憶にない。ビジネス系と一緒にされたくないからそういう本を書くのを敬遠してる学者さんが多いのかな。読んだことないけど佐藤優とかそんな感じなのかしら。あとライフネット生命の人とかか。そのあたりもとりあえずいくつか読んでみたいとは思っているのだが、いつ積読が片付くのやら・・・

やはり巨人の肩に乗るのはものすごく有効であるので、上手い乗り方を教えてくれる本は価値があると思うなぁ。

文学者や社会学者のみなさん!「どや!これが俺の最強の学び方だ!」みたいな本を書いてください!

 

採点についてはリンクの記事に書いてあります。

本のレビューには採点をつけるようにした

本のレビューには10点満点で採点をつけるようにした。

何様だ、という感じだが、やはりわかりやすい。

読者のためでもあるが、自分の整理のためというのが大きい。

自分で振り返るとき毎回全部振り返るより重み付けしたほうが効率がいい気がしたからだ。

 

過去の記事にもつけた。

一応下記にまとめておく。

 

9点

スティーブ・ジョブズ脅威のプレゼンを読んだ

8点

プルーストとイカを読んだ

7点

学びとは何かを読んだ

子供の難問を読んだ

6点

ずるい日本語を読んだ

5点

根っからの文系のためのシンプル数学発想術を読んだ

2点

口下手な人は知らない話し方の極意を読んだ

口下手な人は知らない話し方の極意を読んだ

10点中2点。

7冊目。 

 

まさに自分のための本だとタイトルを見て思ったこととAmazonのレビューの平均点が高かったので購入。
はっきり言って外れだった。
やはり絶対数が少ないとレビューはあてにならないのだろう。
ちなみに参考にしたときは4件だった。

トンデモなことばかりだとか精神論ばかりといった本当に駄目な本というわけではない。
しかし、本当に口下手な人がこの本を読んでもあまり活かせることはないのではと感じた。
僕がこの本にタイトルを付けるなら、「落語と認知科学から学ぶ話しやすい空間の作り方」とでもなると思う。

初めの話は、どのようにして観客の反応を感じ取るか、そしてどのように観客に見せるとよいかを落語家を参考に研究する内容になっている。

おそらく、著者の問題意識として「一般の人の話でその2つをちゃんとできているのが少なく、そこをどうにかすれば劇的に良くなるのに」というのがあるのだと想像する。しかし、本当に口下手な人は明らかに観客に響いてないのが自分でわかるレベルだし、見せ方どうこうの前にやることが山積みだろう。
さらに、初歩的な内容から徐々に発展的な内容へという構成にもあまりなっていない。
これは著者が研究者だからだと想像する。その章のテーマと関係があるが、あまり本論とは関係がなくウンチクのような心理実験の話が章のど真ん中にあったりする。ある程度網羅的な構成になっており、段階的に学んでいくようにはなっていない。その網羅的というのもあくまである程度で、しっかり網羅されているわけでもないが。


その後発表等で話す中身の話へとテーマが移るが、いまいち私達の日々の会話や発表で効果的に活かせるような知識が見つけられない。抽象的すぎたり、やけに著者の具体的すぎる話だったりとしっかり自分で噛み砕いて活かせるところを探し出さないとほとんど使えないように感じた。

 

個々の認知科学の実験での発見の話は「へぇ~」と感心するものも少なくなかった。正直編集者がもっとちゃんとやっていればもう少し面白い本になったのではと思ってしまう。

 

スピーチが結構得意だが科学的な観点含めてもう少し理論的に学びたいという人や、会話に関する認知科学のトピックを学びたいと言う人には面白いかもしれない。

 

認知科学ということで前回取り上げた「学びとは何か」と重なっている内容があったことも僕に響かなかった原因の一つではあるだろう。

 

採点についてはリンクの記事に書いてあります。